第28回石積み学校@神山町振り返り

第28回石積み学校@神山町/江田集落

--------------------------------------------------------------------------------

【参加者】
11名
(大分、広島、岡山、高知、愛媛、徳島、神山町、イタリア)

--------------------------------------------------------------------------------

【現場】

H1.5M×W12M弱

--------------------------------------------------------------------------------

【講師】

真淵清善さん、金子玲大、伊藤友宏

--------------------------------------------------------------------------------

1day 9:30-12:00 13:00-16:00

◆石積みを崩す

◆丁張りを組む(3分勾配)

◆根石を組み直す

2day 9:00-12:00 13:00-15:00

◆積み石、グリ石の調達(軽トラ10配分)

◆とにかく積み直す

--------------------------------------------------------------------------------

今回積み直した現場は、予想以上に積み石やグリ石が不足しました。

予想しない事態を踏まえ、どのようにして調達していくかは

石を積む以上に大切な工程だなと感じました。

積む石の質や環境は、参加者が暮らす地域によって違うし

積み方も回を重ねるたびに解釈が整ってくるはずです。

2日の学びを皆さんが暮らす地域に落とし込んでもらえたら

嬉しいな。

遠路はるばる、神山町まで石を積みに来ていただき

本当にありがとうございました!

--------------------------------------------------------------------------------

エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000