土を育む畑

我が家に小さな敷地が付いてます(2M×15M)

家を借りた時は茅が生え、雑草だらけ。

いわゆる”放棄地”でした。


周りは杉に囲まれ、日当たりも決してよくない。

けど、ここに可能性を感じたのを忘れません。


小さな畑を通じて、自分が生きる循環を考えたい。


そんな思いから、この場所を畑として開墾しました。


茅や、太い根を手作業で抜き、一旦畑を耕しました。

その後2年間行なったのが”茅を被せること”

決して耕さず、茅を重ねていくだけ。

3年目の今年、茅の下に手を入れると黒く柔らかい土ができてました。


今年ようやく野菜を植えつけはじめました。

キャベツと菜の花の二つ。

家で食べる分の野菜はこの敷地で十分育てられるはずです。


春は自分が食べたい野菜を、大切に育てていきたいな。

我が家の小さなシンボル(笑)

家の裏で取れる茅をグロにして、畑に漉き込む。

小さな小さな循環が少しずつ芽生えはじめてます。


エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000