発酵が気になる。

今更!と言われたらそれまで(笑)

なんとなく興味があった”堆肥づくり”ですが、
行動に移せてなかったということはきっとそれまでの意識だったはずです。


ようやく、気持ちと行動が合わさってきたのかな。


今年から”落ち葉堆肥と温床”づくりをおこないます。

堆肥に興味があるというよりも、”発酵過程”に興味があるが正直な気持ちです!

微生物の動きで、発酵し、湯気が立ち込める瞬間、、、堪りません。


今年は微生物と発酵が農の大きなテーマになりそう。

まだまだ、勉強、試行錯誤の段階ですが、微生物を活発にしていくためにも

畑でできることはたくさんあるはずです。


日々の変化が楽しみ。





エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000