反収と畝収(除草方法を踏まえ)

管理する面積が正確な数字じゃないのは予めご了承ください。


これよりも少なくなることはなく、実際はもう少し大きいと思います。


今までのデータから”反収”と”畝収”を算出してみました。


年によって株間の幅が違うので一概には比べられませんが

自分たちの”1年”を振り返る上でも大切な指標になります。

こうやってみると、年々技術?なのか成果が出て来て嬉しい限りなのが目に伺えます。

 

日々現場で稲の成長をみるのが一番の喜びだけど、それに引けを取らず栽培技術が向上しているのはチームとして喜ばしいこと。

 

今年は去年よりも生長の具合が著しい変化が見える(良い意味で)

 

死ぬまでの目標は畝収60kg!!(無施肥栽培では50kg!)


色々な条件が重なるにしろ目標があると、やりがいがありますw


そのためにも、日々の小さな積み重ね、小さな変化を読み取る力を

忘れたくありません。

 

おこめづくりって本当に楽しい!



エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000