竹炭準備

エタノホの圃場に竹炭を入れ始めて3年目を迎えました。

表面上に大きな変化は感じられませんが、竹炭の生産・散布によって感じた変化もあります。


①放棄竹林が整備でき始めた

②土の性質(硬度)が柔らかくなってきた

そして、今年度から一つ素敵な取り組みもスタートしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●集落内の竹を、門松用に伐採(放置竹林の整備)

          ⇩

●門松は業者さんが販売(江田の竹に新しい価値)

          ⇩

エタノホの圃場に竹炭を入れ始めて3年目を迎えました。

表面上に大きな変化は感じられませんが、竹炭の生産・散布によって感じた変化もあります。


●使用後の門松は無償で引き取り、竹炭にする

          ⇩

●竹炭を田んぼに還元し、土壌整備(改良)を行う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地域の資源を必要な個人・業者に販売し

余った産廃(廃棄物)を引き取り、ゴミにせず資源として活用する。


まだまだ残る放棄竹林を毎年小さな動きの中で”変化”を生み出せたら。

エタノホ

エタノホは徳島県神山町にある江田という小さな集落で活動する団体です。 CONCEPT「くらしを耕す」 棚田再生や稲作を中心とした農的くらしを実践しています。 農を通じて育まれる地域との交流、そこから学び得る技術や知恵を 次の世代に承継していくという想いを込め活動。

0コメント

  • 1000 / 1000