水路に水を通す。

5月3日は、 江田集落でお祭りが行われます。

雲早山(1495M)には、この集落の降雨守護を祈願する神様が祀られており

何十年も続く大切なお祭りです。


集落にとって大切な水。

その水が、気持ちよく流れ、田んぼに命を与えてくれるよう

集落の若い衆で水路清掃をおこないます。

収穫後から、春先までの半年間に積もった土砂を水路から片付け

水が通りやすくするためです。


毎年、2つの水路を清掃しますが、今回清掃した水路は

集落内の稲作の8割り近くをまかなっており、とても大切な作業となります。


田んぼで稲作をするにも、畑で野菜を作るにも

この水路が成り立たなければ、活動には移せません。


そう考えると、どの作業よりも重要な行程です。


水門が開けられ、水路に水が通ると

集落全体に命が宿った感覚を覚えます。


毎年、この行程から”水”の有り難みを肌で感じ

1年のスタートを切っています。


今年の稲作も順調でありますように!

エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000