年末の恒例行事

毎年、クリスマス前後に師匠が蕎麦を打ちます。


江田集落でお世話になっている僕らも、お声をかけていただきます。


 このそば粉はもちろん江田集落で栽培されたそばの実。

これに山芋と小麦粉、卵を加えてとにかく練って練って丸めていきます。

最初はパサパサだった塊も、だんだんと粘り気をもち

最後は丸く弾力のある形となりました。


丸まったそばは、打ち粉を引き、伸ばしていきます。


田舎蕎麦の特徴は、何と言っても太く・ちぎれること。


僕らが食べているお蕎麦の概念が吹っ飛びます(笑)



お酒のアテには、師匠が捌くイノシシの鍋。

野菜は家の畑で採れ、すぐに調理できる。


なんて贅沢な食事なんだろう。

素敵な時間を過ごさせていただきました。


エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000