年末の恒例行事

毎年、クリスマス前後に師匠が蕎麦を打ちます。


江田集落でお世話になっている僕らも、お声をかけていただきます。


 このそば粉はもちろん江田集落で栽培されたそばの実。

これに山芋と小麦粉、卵を加えてとにかく練って練って丸めていきます。

最初はパサパサだった塊も、だんだんと粘り気をもち

最後は丸く弾力のある形となりました。


丸まったそばは、打ち粉を引き、伸ばしていきます。


田舎蕎麦の特徴は、何と言っても太く・ちぎれること。


僕らが食べているお蕎麦の概念が吹っ飛びます(笑)



お酒のアテには、師匠が捌くイノシシの鍋。

野菜は家の畑で採れ、すぐに調理できる。


なんて贅沢な食事なんだろう。

素敵な時間を過ごさせていただきました。


エタノホ

エタノホは徳島県神山町にある江田という小さな集落で活動する団体です。 CONCEPT「くらしを耕す」 棚田再生や稲作を中心とした農的くらしを実践しています。 農を通じて育まれる地域との交流、そこから学び得る技術や知恵を 次の世代に承継していくという想いを込め活動。

0コメント

  • 1000 / 1000