茅堆肥を作る

今ある生活と農的暮らしの距離感を見定めるためにも

去年まで借りていた農地を一旦手放して

1区間(3畝+予備5畝)を管理することにしました。

今の自分に農業を成り立たせる余裕はなく、あくまでも自分たちが食べる野菜づくりに

比重を置いて、余った分を販売していくスタンスを保とうと思います。


そんな中、改めて畑と向き合うと必要になるのが”土づくり”

土質を見極め、土をつくるには様々は”農法”があるはずです。

僕らは、この土地でじいちゃんやばあちゃんが今尚続けて来られている

”コエグロ”に目を向けて土を育てていこうと考えます。


コエグロとは・・・

山間部に生える”茅(萱?)”を切り出して円錐状に積み立てます。

https://etavillage.amebaownd.com/posts/1860419


秋から冬場の茅は水分含量が多く、持ち出しに労力を強いるため

”コエグロ”にし、春先まで自然乾燥させます。


今回は、事前に乾燥させてた昨年の茅を運び出し、

細かく切り刻み春まで置いておきます。

比較的若手の僕らでも、重労働な堆肥作り。

腰が曲がり、杖をつきながらでも尚茅を畑に漉き込むばあちゃんがいます。

「これが美味しい野菜を育てるのに一番じゃ」と。

長い年月、この場所で受け継がれてきた立派な農法です。

身近な資材を利活用して、畑を守り継ぐ姿に感動しました。


僕らも少しずつ、この場所で美味しい野菜が食べ続けられるように

コエグロを畑にすき込んで、土づくり(育てる)に励みたいと思います。

エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000