廃菌床と腐葉土作り。

来年から、農への意識を変えてみようと思います。

◯◯栽培という方法に捉われず、土中の微生物が生き良い環境になるよう

どんな足し算引き算ができるか。


まだまだ勉強不足ですが、学んだこと、聞いた声を畑に落とし込んでいきます。


まずは、自分が食べる野菜の循環から。

そして、少しずつ土を育てていく。


土の微生物にとって良いこと。

何よりも地域内の循環を意識して、土に混ぜていける資材を自分で調達していける

選択(目利き)は意識したいです。

長く時間をかけることへの”楽しみ”を忘れず、育んでいきたいと思います。

くらしを耕す

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000