言葉にする。言葉に責任を持つ。

立春・大安・旧暦最終日。


今年の4月11日で8年目を迎える徳島生活。

暮らしも仕事も変化し続け、どうにか今を迎えることができました。


今年に入り、”整える”という言葉を潜在的に持ち、

今を客観的に捉えて見ると7年間の自分が要所要所で浮かび上がってきてます。


”棚田”という一つのキーワードを元に活動してきても、

どこかで自分の活動を狭めたり、塞いでしまったり。


「あれ、こんなことしたかったっけ」と自問自答を繰り返すなか、

ある時”言葉(想い)”を表に出していくという作業が

自分の中で不足していたことに気づきました。


言葉にするってことがとても苦手で

「こんな風に伝えたい」と頭では思いつつも

いざ、みなさんを前にすると…言葉にできません。


それでも今年は、そんな”言葉”を表に出してみようと思います。


「言葉に出して、形にできない(しない)」なんてことがないように。

形にしたこと、それを通じて感じた言葉。

それをオープンにしたいなって。


これからの5年間

江田集落が【今までの時間】と【これからの時間】に向き合っていく

とても大切な時間となります。


この時、僕も一緒に寄り添いたいし、

地域と移住者でより良い地域を築いていきたい。


迷った時も、最高に楽しい瞬間を描いた後も

そんな場面で感じた言葉を通じて、いろんなキッカケを仲間とともに過ごせたら嬉しいです。


これから月に数回ずつ、思いを言葉にしていこうと思います。



エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000