自給する喜びを待つこと

「原木しいたけを育ててみんか」

師匠からこう投げかけられ、「育ててみたい!」と意気揚々にお伝えしたことで

今日という日が迎えられました(笑)

 

秋口に切り倒したクヌギを乾燥させて

冬から春先(1月から2月)にかけて、菌を植え込むそうです。


1.ドリルで等間隔に穴を開ける

2.穴に菌を植え付け、蓋を埋め込む

最終的にこんな形になります(笑)

今回は、試験的に友人家族合わせて15本の原木しいたけを試みる予定です。


一年目はしいたけが出れば御の字。

多く取れ出すのは二年目以降とのこと。


直射日光が当たらず、日陰で適度に雨が当たる場所。

風通しも必要。

できれば、広葉樹の木陰が良いと聞くと

原木しいたけの管理は手間がかかりそう。


できるまでに時間がかかるけれど、時間がかかった先に見える景色は

椎茸を買わずに、出来たものを循環させる自給的な暮らしの一端。


もし、一年目から味や大きさに満足が行くようなら来年の冬にもう一度

原木しいたけをこしらえてみようと思います。

 

我が家でよく使う”乾燥しいたけ”も自給できるように…


目の届く範囲で、まずは自分たちの食を循環できる枠組みを

整えて行きたいと願うばかりです。


エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000