みんなで支える棚田の暮らしとは?

今年もお米作りがしわしわとスタートします!

 

先して、まずは水路清掃。 

棚田でお米づくりができるのも、水があるからこそ。

水を流す水路を管理していくことが棚田で営まれる暮らしの基本になってきます。


これが一番大切な作業です。 

 

【参考】

 

江田集落も高齢化が進み、この清掃に地域の方が携わるのも厳しい状況。


一方、この場所でお米を作っている移住者も多い。

全てを集落に頼んで、田植えや稲刈りだけ楽しめれば良いという問題でもありません。


せっかく、多くの移住者がいるなら江田に携わるみんなで、集落維持に必要な清掃を一任してみよう!と考え、合わせて今年から試験的ですが、お米づくりを楽しみながら田植えや稲刈りだけでなく、棚田(江田)の暮らしをみんなで学んで、支えていける場(機会)を設けてみ用途考えています。

 

・江田集落の水ってどこから取るの?

・田んぼにどうやって流してるの?

・水が流れる前の水路ってどんな状況?


さて、どんな行程を経て、田植えができるのでしょうね。

全てではありませんが、江田集落(上分)で営まれてる時間に触れてみませんか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【江田集落/水路清掃のお誘い】

 

日 時:平成31年2月24日(日)

    ※半日だけでも大丈夫です。

    8時30分ー12時00分

   13時15分ー16時45分

場 所:上分 江田集落(集会場 集合)

持ち物:汚れてよい服装、長靴、軍手、タオル、

    飲み物、昼食

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000