作業でなく、理を知る。

2019年2月24日

例年より2ヶ月早いですが、江田集落の水路清掃を行いました。


今年はGWが10連休の為、各々の予定を尊重し早めの対策です(笑)


それでも、この時期の作業は適度に暖かく(暑すぎなかった)

作業がしやすかったので毎年2月の最終週に水路清掃を行おうかなと思ってます。


さて、田んぼに携わる上で一番大事なのが、水(水路)。

水が流れてこないことには稲作をするのが難しいです。


棚田の水路は血管のごとく細い水路が幾つにも分岐していて

単に”水を流すだけ”には程遠い管理が必要です。


特に閑散期には獣害による土砂の流入、水路の欠陥が多くみられ

4月の準備期までに補修が必要。。


その一つが水路清掃となります。

主に、堆積した土砂を除き、水路や隣接する道路を掃除します。

これがとても大変。


その昔は出約で集落のみなさんが清掃に当たっていましたが

近年では、この掃除も2人前後で行なっていたそうです。


重労働のため、体力的に厳しいと聞きます。


僕が5年前、田んぼに関わったとき

不意に水路の水を多く入れたら

当時の大将が「勝手に水路を触るな!」と

怒られたことが思い出として残っています。


その時は、怒られた意味が全くわかりませんでした。

水を入れて何が悪いと逆に憤慨したぐらいです。


それでも年々携わると、集落(稲作に携わる人)にとって

水はかけがえのない財産だと気づきました。


少し大げさかもしれないけど、強ち間違いでもない気がします。


また、人間本位で水を入れるのではなく

使わせていただく水と、川に戻す水を分けて考えている

ことに驚かされたのを覚えています。


100%稲作に使わない。


そんな”財産”を何も知らない若者が

「もっと多く水を入れたい」なんて自己中心的な考えのもと

開門してしまったら、集落のお父さんにしてみたら怒りたくなる

気持ちがとても良くわかりました。。

「移住者は水路に関わらないで。」


悪い気持ちは決してないとおもう中でも

この言葉は僕にとって深く胸に刺さる言葉になりました。


それから5年経った今日。

12人の移住者が江田集落の水路を掃除しました。


「水を流すために水路を清掃する」

この”作業”はとても大切なことだと思いますが


「水を流すことで守られる風景」

「共有財産を分かち合う気持ち」


この”理”こそ水路清掃から感じ、

一人一人が学んでいく大きな意義になるんではないでしょうか。


今日来てくれたみんなにどう映ったか気になります。


しんどい作業をみんなでやるのではなく

しんどくとも楽しい作業をみんなで分かち合う。


江田集落では、そんな時間を大切にして

ここでしかできない”棚田の暮らし”を

繋いで行けたらいいな。


誰一人怪我なく終われたことに感謝して

稲作の第一歩を踏み出せました。

エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000