大豆を育てる vol"3

<播種から6週間目、定植から4週間目>

播 種:7月14日(日) 10時から12時

    ↓ 2週間後

定 植:7月28日(日) 9時から12時

    ↓ 1週間後

土寄せ:8月4日(日)  10時から12時 

    ↓

土寄せ:8月22日(木) 17時半から19時 ※今ここ


【土寄せ3回目】

2回目の土寄せ後に、大型台風10号の上陸により土がざれてしまいました。

水はけの良い圃場が良いという意味がとてもよくわかりました。

水浸しになってしまった圃場を見て、半ば諦めてしまいましたが…

どうにか根腐れも起こさず、耐えてくれたようです。


生長具合としては、少し遅め。


鳥の食害、欠株が数本見られる程度で病気もなさそうです。

(少し、虫食いが見られてます)


生長過程を考察して見ると、種下ろしの時期は少し早い方が良いと思いました。

(7月5日までに植えるといい気がします。)


あとは、”蔓ボケ”が目立ってきてます。

通常、日長時間が長くなると蔓ボケが発生するそうです。

もう一つは肥料過多の場合。

まだまだ勉強不足だけど、開花時期に長雨が続き

大豆にとっては恵みの雨!お米にとっては恵まれない(笑)


今年は、一枚一枚の田畑を丁寧に耕して、冬の収穫を楽しみたいと思います!


エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000