竹炭の可能性

去る10月21日菌ちゃん先生こと「吉田利道(NPO法人 大地といのちの会 理事長)」先生をお招きし、菌ちゃん野菜づくり講習会を開催しました。

 

今まで自然栽培(一部堆肥を用いる試験的な農地も有り)で栽培を進めてきましたが、自分自身がまだ”自然”について無知であることにモヤモヤした感情を抱いていました。

特に

・土質

・風の流れ

・水の流れ

・微生物の働き

この4点を理解できないと、本当の意味で”土作り”は不可能だと感じ、この度吉田先生をお招きした次第です。

 

お話の中で特に気になったのが「竹炭」

竹炭の効力は以下の通りです。


●微量ミネラルの供給

竹炭は水に溶けやすい(水溶性の)ミネラル(カリ、カルシウム、マグネシウムなど)を
豊富に含み、施肥効果や酸性に偏った土壌のphバランスを整える


●微生物の活性化を促進

菌根菌や糸状菌など微生物の”すみか”となる。


●保水・通気性の促進

同じく多孔質な竹炭はその孔に空気(酸素)も豊富なため、根の酸欠を防ぐ

江田集落でも、竹林の放置が目立ち荒れ始めていることが問題となってきました。


また、農薬や化学肥料の多様で微生物が減少した農地が目立ち、酸性雨による土壌の酸性化が顕著になっています。

この2点を解決すべく、当農園でも積極的に竹炭を活用することとしました。


『MOKI M100無煙炭化器』を購入し、冬場の数ヶ月を竹炭づくりに使って行きます。


目標は

田んぼ(1反4畝)・・・250kg(コンテナ25杯分)

畑(5畝)    ・・・100kg(コンテナ10杯分)

大豆育苗用    ・・・50kg(コンテナ5杯分)

 

試行錯誤を繰り返して、良質な竹炭を作るぞー!!

エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000