10年先の桃源郷

「桜の木をオーナー制にして、ファンを増やしたらどうか?」

 

現在、江田集落で菜の花祭り実行委員長を務める上萩さんから相談を伺ったのが半年前。


年々、菜の花の規模が縮小される中で、毎年手を入れずとも自然に咲く花々は江田集落にとっても大切な観光資源(この言葉嫌いですが…)となるはずです。


「1年で10本ずつぐらい植えたい」と話す上萩さん。

 

無邪気な子供の顔のように、楽しそうに話す姿は元気をもらいます。

 

江田集落は、奥行きのある棚田で植える場所を考えていけば

まるで桃源郷のように華やかな色合いが楽しめるはずです。

 

今日は、県外から2組のご夫婦が。

NPO法人グリーンバレー理事長の竜二さん

NPO法人神山さくら会の久保さんが駆けつけてくださる中、今年は5名(植田家も参加させていただきました!)のオーナーを募り、神山桜や花桃などを植樹いたしました。

 

桜は、さくら会が毎年苗木を育ててくれている「神山桜」

 

みなさんの笑顔のように、美しく綺麗に咲き誇る桜が楽しみで仕方ありません!

エタノホ

くらしを耕す 徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000