ハデ場の修復

今夏の台風で無残にも崩れ落ちた江田集落のハデ場。


支柱が古く、根元から折れてしまったことで写真(下)のような姿となってしまいました。

一昔前も、台風が来る度にハデ干しが倒れ直されていたようです。

修復後はこちら。

今回は、真ん中の支柱を取り替えたこと。

そして、各段と支柱の接地面にワイヤーと番線(ハッカ)を張り、カチカチに固定しました。


正直、壊れたハゼを見たときに「もう使いたくない」と頭をよぎりましたが…

「壊れて、直して、使うのが普通じゃ」とおっしゃる地域の声を聞き

来年もこの場所を使わせていただこうと考えてます。

 

直す技術や知識は最低限必要ですし、捉えようによっては

「壊れるぐらい使い込む」経験も必要だと思います。

 

オーナーさんには大変申し訳なことをしましたが

一つの経験として、「壊れた」ことを前向きに捉え楽しみたいです。


エタノホ

徳島県神山町にある江田という小さな集落。 私たちはこの地で1組の夫婦と出会い、田んぼをはじめとした“農”や、美しい棚田の風景を織りなす“くらし”を学び続けています。 「人のくらしが織りなす風景を、これからも受け継いでいきたい」 農を通じた人や地域との交流、そこから得るくらしの知恵や技術。「くらしを耕す」とは、その学びを通じて、“これから”を丁寧に育んでいくという想いを込めています。

0コメント

  • 1000 / 1000